注目キーワード

パンに塗る!ビーガンバター

冷蔵庫から出してすぐに塗れる、ビーガンバター。

トーストしていない常温のパンにも塗り広げられる柔らかさに仕上げています。そして、口に入れた瞬間に舌の上でバターが溶ける…♪ もちろん、トーストにも。

このバターは『パンに塗って美味しい!』に主眼を置いていますが、お菓子作り/パン生地作りにも活用できます。しかしながら、不向きな用途もございます。詳しくは本文で。

100%プラントベースでも、こんなに美味しい。パンにはバターが欠かせない!という方には絶対おすすめのレシピです。

♦このレシピでは、ミキサー、ブレンダーまたはフードプロセッサーなどの高速で攪拌ができる調理器具を使用します。

では、さっそくまいりましょう。

材料は?

ビーガンバタースプレッドの材料
材料のイメージ写真です。

▪無香ココナッツオイル
常温でも固まる特性を利用します(融点は約24°c)。

ココナッツオイルには安価な調理用、エクストラバージン、無香タイプ。それから、常温でも固まらない液体タイプ等…色々あります。

一般的なバージンやエクストラバージンにはココナッツ特有の香りと味があり、もし、これら使ってしまうとバターの風味はどこへやら、ココナッツ味になってしまいます。

このレシピには必ず、無香(無臭)タイプのものを選んでくださいね。常温で固まらない液体タイプも、もちろんNG❌

PIONT

ココナッツオイルは必ず、無香(無臭)タイプを使う。

英語パッケージの場合:

  • 【refined】精製された
  • 【deodorised】脱臭された
  • 【neutral taste/flavour】くせのない味

などの表記があれば、無香タイプです。

▪クセのない食用油
ココナッツオイルのみでは、仕上がりが固くなりすぎてしまうので、液体の油も入れて少し柔らかさを出していきます。

使う油は米油や菜種油など、味にクセのないものを選んでください。オリーブオイルは主張が強いのでNG❌

できるだけ、本物のバターに近い味を目指します!

▪無調整豆乳
豆乳に酢を足して、凝固(凝乳)させることによって簡易なビーガンバターミルク風を作ります。

これがビーガンバターの風味の元になります。

新鮮な(開封したての)無調整豆乳を使用してくださいね。古い豆乳を使うと完成品のバターが傷みやすくなってしましますよ。

バターミルクって何ぞや?という方に。→Wikipedia: バターミルク open_in_new

▪リンゴ酢 (apple cider vinegar)
上記でお話しした、豆乳に入れるお酢。リンゴ酢で作ってください。

リンゴ酢以外にも、米酢・白ワインビネガー・ココナッツビネガー・レモン汁で実験していますが、リンゴ酢がベスト。米酢は一番向きません。バターらしくならないので代用はお勧めしません。

このレシピでの酸味はとても重要です。強すぎても美味しくないですし、全くないと不思議なことにバターらしさが成立いたしません。私は個人的に、酸味に敏感なので微調節を繰り返して、このレシピの割合にたどり着きました。

▪粉末アーモンド
アーモンドの持つ自然な甘みや豊かな油脂感を加わえ、バター風味に近づけます。

パウダー、フラワー、ミール、プードル…名前がいろいろあって、ややこしいですが基本どれも一緒です。このレシピでは、皮のついていない黄色いタイプのものを選んでくださいね。

スーパーの製菓コーナーに売っているようです。

📝滑らかな食感を求め、市販のアーモンドペーストでも試してみました。が、結果はNG!!
食感は最高なのですが、皮付きのため味に渋みが出てしまうのと、茶色い粒粒の見た目がよろしくありませんでした。

▪塩
適度な塩味が必要です。普段お使いのお塩で。できることなら、自然塩をお勧めします。

▪ニュートリショナルイースト(あれば)
味に深みを与えます。使用量は少しなので、チーズっぽくなることはありません。お持ちであればぜひ加えてください。

ニュートリショナルイーストに関して詳しくは、こちらの記事をどうぞ。

▪ターメリック(お好みで)
色付けです。本物のバターは少し黄味がかっていますよね。入れないと、白いバターになります。

見た目は気にしない。という方は入れなくてもOKです。

作り方とコツなど

まずは、下準備…

►豆乳にリンゴ酢を入れて軽く混ぜます。そのまま10分置いておいてください。

10分置いておくことで、豆乳のたんぱく質をしっかり凝固させます。この間に風味もしっかり形成されます。

<上>豆乳と酢を混ぜた直後 <下>10分後

この10分の間に、ココナッツオイルの準備、その他の材料の計量をしましょう。

►ココナツオイルはスプーンやナイフで削り取れる硬さなら、そのまま(固まったまま)で計量。その後、湯銭または電子レンジで8割方溶かします。あとはグルグルかき混ぜて余熱で残りを溶かしてください。

実はこの工程が、案外重要です。ココナッツオイルの温度が高すぎると、バターが冷蔵庫で固まるまでに時間がかかってしまいます。その結果、バターが固まる前に油分と水分が分離してしまうリスクが高まります。

夏場、もうすでに透明になって完全に溶けているよ!という場合でも、そのくらいの温度であれば、そんなに神経質にならなくて大丈夫です。

冬場、オイルがガチガチに固まっていて計量前に湯煎等する場合は、加熱のし過ぎにご注意ください!

では、作っていきましょう。

►凝固させた豆乳、熱すぎないココナッツオイル、その他残りの材料をすべて一緒にして攪拌。しっかり乳化※させます。ミキサー、ブレンダー、フードプロセッサーいずれでもOK!

※乳化とは、本来混ざり合わない水と油が、均一に混ざり合っている状態のことを指します。

<左>材料をすべて投入! <右>攪拌後。しっかり乳化。

►しっかり乳化できたら、保存容器に移して、冷蔵庫へ。

もしこの時点で、バターの温度が高いのが気になるならば、冷凍庫で急速に温度を下げるのもありかもしれません。

ビーガンバター
バターが冷えてしっかり固まれば完成!

保存の方法

清潔な容器に入れ、冷蔵庫にて10日~2週間ほどは保存できます。

このビーガンバターは、冷凍保存も可能です!

使い方、いろいろ

記事冒頭でも触れましたが、このレシピは、”パンに塗りやすい” ”パンに塗って美味しい” を優先しています。

塗るビーガンバター。パンと一緒に。
トーストや、サンドイッチにも😋

しかしながら、バターを柔らかくして、砂糖と粉とざっくり混ぜるようなお菓子にも使えます:粉末アーモンドが入っていても気にならないようなクッキー、マフィン、パウンドケーキなど。

パン生地作りにもお使いいただけます。菓子パン、ロールパンなど美味しく焼けます。

このバターの水分量は約30%です。一般的な本物のバターの水分量15-18%に比べて多くなっています。パン生地にお使いになるときは、加水の調節が必要です。

このバターを使ったレシピ

関連記事

焼き立てふんわりシナモンロール。乳製品も卵も使わない100%プラントベース仕様。 前回のレシピ『パンに塗る!ビーガンバター』を使って作っていきます。 基本のシナモンロールに、レーズン、ナッツ、リンゴを入れる定番アレンジ3種も紹[…]

卵・乳製品不使用。シナモンロール
関連記事

しっとり濃厚。ココアパウダーとコーヒーを使ってほろ苦く仕上げた大人向けチェリーケーキ。 卵・乳製品を使わずとも、リッチテイスト。ビーガンやプラントベースに興味がない人にだって、きっと満足してもらえるはず! 焼きっぱなしで簡単。[…]

注意事項。

残念ながら…
このバターは、ソテーや炒め物には向きません。フライパンで、バターを溶かし加熱すると豆乳の水分を吸ったアーモンドがそぼろ状になってしまいますので、ご注意ください。

炒め物、パイやクロワッサンなどの折り込み用には、別レシピのバターを使用しています。粉末アーモンドは入れず、乳化剤なども使用したものを作っています。こちらのレシピもまた機会を見て、公開いたします。

それでは、レシピカードをどうぞ。

バターを冷やし固める時間は、調理時間に含まれておりません。

パンに塗る!ビーガンバター

冷蔵庫から出してすぐに塗れる、ビーガンバター。
100%プラントベースでも、こんなに美味しい!!
パンにはバターが欠かせない!という方におすすめのレシピ。
印刷する ピンする レビュー
グルテンフリー
下ごしらえ : 10
調理時間 : 3
出来上がり量 :  325 グラム

 材料

  • 無調整豆乳 100
  • リンゴ酢 小さじ
  • ココナッツオイル (無香タイプ) 130 g
  • クセのない食用油 45 g
  • 粉末アーモンド 40 g
  • (4g) 小さじ ½強
  • ニュートリショナルイースト (あれば) 小さじ
  • ターメリック (お好みで) 少々 (0.1g)

 作り方

下準備
  • 豆乳にリンゴ酢を入れて軽く混ぜる。そのまま10分置く。
    10分置くことで、豆乳のたんぱく質をしっかり凝固させる。風味の形成。
  • ココナッツオイルが固まっている場合は、湯銭や電子レンジなどで溶かしておく。
    ※加熱し過ぎないこと!
————————————————–
  • すべての材料を、お手持ちの調理器具で攪拌。乳化させる。
    ミキサー、ブレンダー、フードプロセッサーいずれでもOK!
  • しっかり乳化できたら、保存容器に移して、冷蔵庫に入れる。
    バターが冷えてしっかり固まれば完成!

  コツ・ポイント / その他の追加情報 

油、豆乳ともに、レシピ分量の単位がgになっていますが、間違いではありません。
計量カップでなく、量りで(重さでの)計量をしてください。
ココナッツオイルを固体の状態で、重さで計量することが多いため、このレシピでは、液体である油も豆乳も重さで計っています。
このレシピを作ったら…

あなたの写真をぜひインスタグラムで見せてください!

タグ:@the_edamame_kitchen

ハッシュタグ:#えだまめキッチン

タグ付けをお忘れなく。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。
xoxo Lily